引越しコンプリート
引越しコンプリート
ホーム > 注目 > 呼び方は同じでも業者によって

呼び方は同じでも業者によって

不動産査定には二通りの方法がありますが、その具体的な手法とは、仲介業者が現地へ赴き、直接査定ポイントを目視した上で査定額を決定する「訪問査定」と、直接確認する手間を省き、それまでの取引歴や土地相場、さらに物件情報も重視して計算する「簡易査定」があります。

 

訪問査定はその方法ゆえに、結果が提示されるまで数日から1週間は見ておく必要がありますが、信憑性の高い査定額が期待できます。

 

一方、簡易査定では短時間で査定結果が出るというメリットがありますが、算出された結果については、売却可能価格の目安といったところになります。

 

普通、不動産を売却しようと思ったら価格査定を不動産業者に申し込むところから始まりますが、しっかり掃除をしてキレイにしてから査定を呼びましょう。

 

中でもマンションは、汚れひとつない状態にしておけば印象が俄然よくなります。

 

それから、下調べに購入希望者が来る際にも必ず掃除をした上で、広々とした部屋と思ってもらえるように不要な物をあまり出しておかないようにしましょう。

 

一定の期間中に売却できなかった場合、業者が家を買い上げてくれるのがいわゆる不動産仲介業者による買取保証システム(買取保証制度)と呼ばれるものです。

 

先に業者による買取額を決めておくため、金銭的にも保証されているわけですが、中古市場の相場と比べると割安感があることは否定できません。

 

呼び方は同じでも業者によって条件は微妙に変わりますし、売り主の要望で付けられるオプションなので、自分の目的に合っているかどうかよく考えて選択しましょう。

肥後すっぽんもろみ酢 安い